自分でできる配偶者ビザ

簡単 3 ステップ !!

自分でできる

“配偶者ビザ”

ビザ実務書の著者がサポート

thin

To such people

こんな方に最適なサービスです

 国際結婚されたご夫婦が日本で暮らす場合、外国人夫(妻)が日本に住むためには、日本人の配偶者等という在留資格(配偶者ビザ)を取得する必要があります。

 日本の場合、結婚したからといって自動的に配偶者ビザが交付されるわけではありません。書類を用意して、申請して、許可になってはじめて配偶者ビザが交付されます。

自分で申請したいけれど、個別具体的なアドバイスや書類のひな型が欲しい

不安な点をいつでもプロに相談したい

ビザ申請の費用を抑えたい

累計

2000件突破

3 steps

簡単!3ステップ

Step 01 .

必要書類リストの書類を集める

日本人配偶者ビザ申請に必要な書類は、状況によって異なります。状況とは、ご夫婦の年齢、交際期間、婚姻歴、職業などです。本サービスでは、状況別に整理した必要書類リストを用意しています。この必要書類リストの書類を集めてください。

Step 02 .

テンプレートを見ながら申請書に入力(手書きでもOK)

配偶者ビザ申請に必要な申請書類一式のテンプレートを用意しております。テンプレートを使用することで、一から作成するよりも、はるかに簡単に作成できます。書き方がわからない点などがあれば、質問も可能です。

Step 03 .

行政書士による最終チェック、相談無制限

テンプレートを使って作成した申請書類一式を、当事務所の行政書士が細かくチェックします。行政書士が修正、コメントを付けて申請書類一式を返信します。

あとは、

出入国在留管理局で

申請するだけ!

Three benefits

3つのメリット

不安な点があればいつでも何回でも質問できる

ご自身で手続きを進めていくと、この書類は提出したほうがよいのだろうか、この質問事項にはどのように回答を記載すればよいのだろうか、といった疑問が出てくることがあると思います。こうした時、いつでもプロにアドバイスを受けられます。

費用が安い

通常の申請代行サービス(フルサポート)と比べて。費用は大幅に削減できます。

パスポート、在留カード、その他重要書類を預けなくてもよい

パスポートや在留カード、その他重要書類を行政書士事務所に預けなくてもよいという点も大きなメリットだと思います。

書類を預けるために事務所を訪問する時間や交通費、郵送費等もかかりません。

Service contents

サービス内容

配偶者ビザ要件チェックシート

配偶者ビザ申請に必要な提出書類リスト

申請書類テンプレート

在留資格認定証明書交付申請書、質問書、身元保証書、交際経緯説明書、生計説明書など

ご自身で作成準備された

書類一式のチェック

手続きに関するなんでも相談

(メール無制限、ZOOM相談1回)

将来の永住申請のため

やっておくべきことリスト

Case

自分で手続きしないほうがよいケース

書類作成や書類の準備を全て丸投げしたい

自分で文章を書くのが極度に苦手(テンプレートがあっても無理)

出入国在留管理局に申請に行く時間がない

上記の場合、通常の申請代行サービス(フルサポート)をご活用ください。

FAQ

よくある質問

地方在住ですが、申込できますか?

はい、このサービスは、全国対応です。

書式のデータはどのようにいただけるのですか?

入金いただいた後、メール添付で納品させていただきます。

ほとんどのファイルがワード、エクセルファイルです。

申請代行もお願いしたいのですが、可能ですか?

このサービスでは、出入国在留管理局への申請代行は含まれません。

申請代行をご希望の場合、通常の申請代行サービス(フルサポート)をご利用ください。

なんでも相談はいつまで有効ですか?

ビザの結果が出るまで有効です。

Fee

サポート料金

¥59,000(税込)

上記全ての書式、テンプレートに加え、行政書士への相談も含んだ金額です。

銀行振込、クレジットカード(VISA、Master)を使用できます。

Contact Us

お申込み・お問合わせ

下記フォームに入力ください。

折り返し、担当者より、連絡させていただきます。